【軍事技術】「戦車の母国」イギリスになぜ「史上最悪の戦車」ができたのか 試行錯誤の証とは?[02/22]

http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1550889088/【元スレ】

今回の記事

1 2019/02/23(土) 11:31:28.68

イギリスは「戦車の母国」というだけあり、目指したものは理解できても、なぜそうなってしまったのかという失敗作も多数。「大英帝国の暗黒面」とも称される、試行錯誤の歴史を紐解きます。

■母国ゆえの、失敗の数々

https://contents.trafficnews.jp/image/000/026/305/large_190204_tank_01.jpg

 イギリスは「戦車の母国」といわれます。第1次世界大戦中の1916(大正5)年9月、フランス北部で繰り広げられた「ソンムの戦い」において、初めてイギリス製戦車が実戦デビューしてのち、「戦車」という兵器はイギリスはじめ各国で、試行錯誤が繰り返されながら進化を続けます。

 しかし母国たるイギリスにおいても、当然ながら試行錯誤のなかでは、少なくない数の失敗作、駄作も生まれました。

 まずは、とにかく長い車体が特長の「TOG2」です。なぜそのように車体を長くしたかというと、第1次世界大戦は塹壕戦だったため、次の大戦もきっと同じような戦いになるに違いないと考えたからでした。

 塹壕の幅が広いと、車体長の短い戦車では渡れません。また無理に渡ろうとすれば、塹壕に落ちてしまって行動不能になりかねないのです。敵の対戦車砲や機関銃をものともせずに進み、幾重にも掘られた塹壕を超えて敵陣まで行き、敵陣の至近で占領するための歩兵を降ろす——このようなコンセプトで開発されたため、全長は10.13m、重量は約81tにも達しました。この数字は当時、イギリスにて量産が開始されたばかりの「バレンタイン歩兵戦車」(全長5.4m、16t)や「巡航戦車Mk.IV」(全長6.02m、15t)の倍近くの長さになり、重さに至っては実に5倍以上、重装甲ゆえの鈍重さで知られるドイツの重戦車「キングタイガー(ティーガーII)」の70tを上回ります。TOG2はキングタイガー以上に鈍重で、最高速度は13km/h(整地)しか出ませんでした。

TOG2が計画されたのは第2次世界大戦が始まった後の、1940(昭和15)年のことでしたが、ドイツによる戦車と急降下爆撃機をメインとしたスピード重視の「電撃戦」戦法が白日のものとなった後も開発は続き、試作車ができあがったのは翌1941(昭和16)年になってからでした。すでに独ソ戦が始まる直前です。しかも、本車の開発改修はなんと1943(昭和18)年まで続いたのです。

 結局、そのころには本車のコンセプトは、全く時代にそぐわないものとなっていました。

 ちなみに、本車を開発する前に「TOG1」という前モデルも試作していました。その改良型だからTOG2なのです。

■防御力最優先を具現化した「トータス」

https://contents.trafficnews.jp/image/000/026/309/large_190204_tank_05.jpg
https://contents.trafficnews.jp/image/000/026/310/large_190204_tank_06.jpg

このようにTOG2は、第2次世界大戦中盤には完全に時代遅れのものとなっていましたが、やがて連合軍が反攻を開始し、ドイツの強固な要塞陣地を突破して進撃する必要に迫られると、同じような防御力最強の重戦車が計画されるようになりました。それが「トータス」です。

計画は1943(昭和18)年春から始まり、1944(昭和19)年初頭には設計が完了しました。防御力を徹底的に高めるために砲塔はなくし、車体前面は継ぎ目のない一体構造となっていました。また主砲には、当時最強とうたわれたドイツのキングタイガーも撃破できるよう、そのキングタイガーの88mm砲よりも威力の高い、高射砲改造の長砲身32ポンド(94mm)砲が搭載されました。

 しかし、重武装・重装甲に過ぎて、車体は全長10m、重量79tの巨体となり、そもそも最前線にどうやって運ぶのか、その重量に耐えられる港湾のクレーンや運搬用トレーラーを選ばなければならないほどだったのです。

 ちなみに、戦力化を急ぐために試作車を製作せず、いきなり量産に入る方法が採られましたが、当然、製造には時間がかかり、陸軍からは25両の生産命令が出たものの、大戦終結の1945(昭和20)年までに6両が完成しただけでした。

 結局、第2次世界大戦には間に合わず、その後、各種テストが繰り返されましたが、現代戦には適応しないと判断されてしまいました。

乗りものニュース
https://trafficnews.jp/post/83695/4
続く)

みんなのコメント

2 2019/02/23(土) 11:31:45.94

続き)>>1
■英国史上最悪と呼ばれた戦車、「ヴァリアント」

https://contents.trafficnews.jp/image/000/026/311/large_190204_tank_07.jpg
 それでもイギリスには、当のイギリス人自身が「最悪の戦車」と形容する車両が存在します。それがトータスと同時期に開発された「ヴァリアント」です。

 一見すると、上述したTOG2やトータスよりも戦車らしい形をしています。車体も全長5.4m、重量27tでそれほど大きくありません。なおかつ、重量40tの戦車と同等の重装甲を実現しました。それでは本車の何が駄目だったのでしょう。

 それはあまりにも非力なエンジンと、戦車を開発したことのないメーカーが設計を担ったことでした。

 まず、エンジンはわずか210馬力しか出せず、これにより最大速度はわずか19km/hでした。一概には比べられませんが、現代では、たとえば4tクラスのトラックのエンジンと同じくらいの出力といえるでしょうか。

 しかも外観からは分からないのですが、操縦席のレイアウトが最悪で、操作し難いうえに、操作用レバーとフットブレーキが非常に重いため、最初のテスト走行では路上を約20km走っただけで操縦手が匙を投げたほどだったのです。

 結局、開発は試作車1両のみで中止となり、現在、保管展示されているボービントン戦車博物館の案内板には「One of the worst tanks ever built(いままで作られたなかで最悪の戦車)」と紹介されているほどです。

■軍艦並みの大口径を搭載 火力偏重の極地、FV4005
https://contents.trafficnews.jp/image/000/026/313/large_190204_tank_09.jpg
https://contents.trafficnews.jp/image/000/026/314/large_190204_tank_10.jpg

ここまでは、ともかく防御力最優先の戦車を見てきましたが、イギリスは攻撃力最強の戦車(正確には対戦車を想定した駆逐戦車)も開発しています。

 第2次世界大戦後、今度は米ソを筆頭とした東西冷戦の時代へと突入しました。イギリスはアメリカを盟主とする資本主義陣営(いわゆる西側)にいたので、イギリス軍戦車部隊の仮想敵はソ連戦車であり、そのなかでも最も強力なIS-3重戦車などを撃破できる駆逐戦車として、1950年代に開発されたのが「FV4005」でした。

 一見してわかるのが、その巨大な主砲です。なんと口径は183mmもあり、これは戦車砲(対戦車砲含む)としては最大口径のものです。

 ただし、そこまで大口径のために砲弾の人力装填が不可能で、そのため砲塔内部に補助装填装置が装備され、装填手も2名必要でした。

 しかも、あまりにも砲塔が大型化したため、重量を軽減するために砲塔の装甲厚はわずか14mmしかありませんでした。これは戦前の九五式軽戦車(日本)やII号戦車(ドイツ)の正面装甲に匹敵する薄さで、12.7mm重機関銃であれば貫通してしまうほどであり、戦車砲や装甲車の機関砲にも、もちろん耐えられません。しかも、砲塔の旋回は左右90度までに限定されました。

 車体は当時、イギリス陸軍の主力だった「センチュリオン」戦車を流用し、そこに防御力を犠牲にした大型砲塔を組み合わせたことで、重量は50tに抑え、最大速度は30km/hを確保していました。

 しかし、やはり極端すぎたため、1957(昭和32)年8月に開発は中止され、試作車1両のみで終わったのです。

これまで挙げてきた失敗作たちは、イギリスの戦車開発の技術資料として、現在も同国にあるボービントン戦車博物館に保管・展示されています。当然、イギリスは常に失敗していたわけではなく、「クロムウェル」や「センチュリオン」、そして「チャレンジャー」といった名戦車も開発しています。

「失敗は成功の母」といいます。失敗から学べることは多い訳ですから、もしかするとこれら失敗戦車をあえて残すことで、イギリスは教訓そのものをいまに伝えているのかもしれません。

 イギリス旅行の際はボービントン博物館に行って、これら異形戦車を眺めてみるのも、人生にとってプラスになるかもしれませんよ。


乗りものニュース
https://trafficnews.jp/post/83695/4

3 2019/02/23(土) 11:35:09.83

高射砲の水平撃ちなんて当時誰も思いつかんかったからなw

4 2019/02/23(土) 11:38:49.95

イギリスと言えばパンジャン
頭マーマイトだからしょうがない

6 2019/02/23(土) 11:41:27.32

まともな戦車も造れないのかw
大笑いさせてもらったニダ

7 2019/02/23(土) 11:45:37.16

メルガバのざらざら感がすき

8 2019/02/23(土) 11:46:16.47

白豚の知能じゃ仕方ないよ

12 2019/02/23(土) 12:03:06.57

節子、それ戦車やない。自走砲いうんや。

14 2019/02/23(土) 12:16:15.52

体を張ったギャグに定評があるイギリス軍

16 2019/02/23(土) 12:26:47.91

今、戦車は複合装甲(ゲリラのRPGに耐えるのは当然)と各戦車と航空機などとネットワーク
それに、スラローム射撃できれば十分だよね。

あっ、それが10式戦車だ!

17 2019/02/23(土) 12:26:48.69

日本のガラクタ戦艦に比べれば10000倍マシ

19 2019/02/23(土) 12:31:02.02

紙戦車しか作れなかったジャプが

20 2019/02/23(土) 12:34:37.05

1,2台作っただけの試作品だから、まだいいじゃん
欠陥あるのに量産しちゃった国だっているんですよw

21 2019/02/23(土) 12:36:31.83

tooooooooooooooog

25 2019/02/23(土) 12:41:35.80

ヴァリアントの出オチ感すごいな

以下更にコメント

28 2019/02/23(土) 12:46:33.13

カヴェナンターはどこいった

31 2019/02/23(土) 12:54:54.71

英軍「いやいや、風船爆弾を考案し、実用化した日本帝国軍には負けますよ」

33 2019/02/23(土) 12:56:56.99

人類が色々試行錯誤して分かったこと
MBTは走攻守のバランスが取れてないとダメってこと
どれか一つ欠けてもアカン

34 2019/02/23(土) 13:02:06.15

ザクタンクみたいなもんか

37 2019/02/23(土) 13:11:45.09

しかし、第二次大戦で、最強戦車はセンチュリオンかも(部隊配備は始まってたが撃ったり撃たれたりしてない)
イスラエルが結構最近まで最後の型を魔改造して使ってたのがスグレモノの証し

38 2019/02/23(土) 13:12:07.30

ジットラライン、スリム殲滅線、イギリス軍が誇る鉄壁のマレー半島を蹂躙したのは、
八九式、九七式だった。

40 2019/02/23(土) 13:13:15.22

チハちゃんは戦車じゃないもん。あれは対歩兵戦闘車両。
だからティーガやM4なんかと比べて卑屈にならなくていいんだよ(泣)

43 2019/02/23(土) 13:29:47.34

イギリスは戦艦でも軽装甲で機動力で敵の砲撃を回避するってコンセプトの
巡洋戦艦作ったけどWW1のユトランド沖海戦で砲弾当てられまくりで大損害被ったからなあ

45 2019/02/23(土) 13:36:31.47

植民地のそれぞれの環境が違いすぎてたからな
日本も二次大戦の時に領土が広がるとその問題が起きた

46 2019/02/23(土) 13:38:20.60

吉田戦車の出生地

47 2019/02/23(土) 13:47:24.44

やわらか戦車、カワイかったな

48 2019/02/23(土) 13:56:54.56

最初の開発国故に時代に取り残されてしまった
っていう場合も結構あるからね
英国の鉄道、日本のカーナビなんかもそれの一部

51 2019/02/23(土) 14:17:21.87

イギリスは安易に他国の模倣をしない頑固なところがいい
1割成功すればたいしたもの
で、すぐ他国に真似され改良されるwwww

52 2019/02/23(土) 14:24:29.70

日本の戦い方は不合理で、欧米諸国の戦い方は合理的でスマートと言われがちだが、
程度の差こそあれいろんな失敗をしてるよな

55 2019/02/23(土) 14:45:56.21

色々試すから、変なものも一杯出来る。
だから、新規の兵器とか作れるんだと思う。

以下更なるコメント

57 2019/02/23(土) 14:46:22.96

黒豹戦車『♪エンジンブルブル絶好調〜』

60 2019/02/23(土) 14:56:52.91

チャレンジャーの次って作ったの?

62 2019/02/23(土) 15:04:23.93

日英同盟ばんざい

63 2019/02/23(土) 15:05:22.36

日本からは潜水艦と戦車を売るとして
英国からは何を買う?

65 2019/02/23(土) 15:22:24.66

アメリカのトンデモ試作兵器なんかは
敵国の兵器開発を錯乱させて2年後敵国がトンデモを引き継いだコンセプトで新兵器披露したら大成功みたいなやり方、戦略だからなー

67 2019/02/23(土) 15:45:25.94

戦車の出来が悪い程度で騒いでたら英国製兵器の話なんて進まないだろ

69 2019/02/23(土) 16:21:36.83

個人的にはこういうものを考えたりするからこそ、新しいものも作れる、と思う

71 2019/02/23(土) 16:29:20.25

海賊国家だから
真面目にやろうとするとすぐ自爆する

72 2019/02/23(土) 16:34:09.48

WW2最優秀戦車ってどれだろ? 
チハタンもベスト10には入ると思うんだけど
ジャングルじゃタイガーもただの鉄屑だろうし

73 2019/02/23(土) 16:56:05.98

M4シャーマンだろうな。
兵器としては平凡なんだろうけど、工業製品として。
ファイヤフライでティーガーも撃破しちゃったし。

76 2019/02/23(土) 17:18:29.90

妙な構造の機械が多いのは事実

81 2019/02/23(土) 17:26:42.49

戦車の起源はニダ。

84 2019/02/23(土) 19:07:54.73

KV2ギガントとFV4005stageⅡ なぜ差がついたか

86 2019/02/23(土) 19:22:07.70

1両試作しただけで史上最悪もないだろ、実戦で使われたので言えや

87 2019/02/23(土) 19:22:13.65

チャレンジャー戦車の事かと思ったのに

89 2019/02/23(土) 19:38:25.43

TOOOOOOOOOG!!

90 2019/02/23(土) 19:42:34.59

でも試作車って夢があるよね。

砲身2門を無砲塔式で直付けしたり、
二連接車体で全車両に砲塔乗っけたりw

特殊戦術に特化すると
バンドカノンやstrv.103とかたのしすぎる。

93 2019/02/23(土) 20:02:29.35

おかげで後のマニアが大喜び

94 2019/02/23(土) 20:24:02.11

WW2イギリス戦車といえば欠かせないのは
主砲が徹甲弾か榴弾のどちらかしか撃てないという不可解仕様だろう
マチルダ歩兵戦車にちゃんと榴弾砲装備しておけば
もうちょっと何とかなっただろうに

100 2019/02/24(日) 00:10:20.61

現場泣かせの千鳥配列複合転輪

104 2019/02/24(日) 09:36:18.16

なんだパンジャンじゃないんか

105 2019/02/24(日) 10:07:18.27

トグって塹壕を渡るためだったんだなるほど。

107 2019/02/24(日) 11:25:28.82

クソみたいなもんもあればいいもんもある。振り幅が広いのは悪いことじゃない。

112 2019/02/24(日) 15:00:18.01

先人は試行錯誤の末に新たなものを生み出すものだ
後から真似るだけなら何とでも言える

114 2019/02/24(日) 15:10:06.36

敗戦ドイツは連合国にとって先進技術の宝の山だった。
多くの技術者を競って自国へ連れ帰った。
かたや敗戦日本には持ち帰るべきものなどなーんも無かった

115 2019/02/24(日) 15:10:12.33

今までで世界で最も美しい戦車は
チーフーテンな。
俺は何回もお前らに言ってるよな?

116 2019/02/24(日) 15:31:55.43

チョバムアーマーは世界一!

120 2019/02/24(日) 17:09:18.31

イチローに変な凡退がおおいという理由と同じようなもんだろ
たくさん開発してりゃトンデモの数もそりゃ多い差

129 2019/02/25(月) 00:08:28.56

戦車を発明したって言っても現在に通じる形を作ったのはフランスっていう

133 2019/02/25(月) 06:57:50.48

パンジャンパンジャンパンジャンパンジャンパンジャンパンジャンパンジャンパンジャン

135 2019/02/25(月) 16:25:35.77

ソナーも原理はフランスだったきがす

ランジュバンの振動板だっけか

137 2019/03/06(水) 10:38:11.54

TOG2自体は失敗作だけど
歩兵を安全に戦闘地まで輸送する歩兵戦闘車の先駆けかもしれない
失敗には後世の成功が隠れている

次によく読まれている記事


以上、【【軍事技術】「戦車の母国」イギリスになぜ「史上最悪の戦車」ができたのか 試行錯誤の証とは?[02/22]】でした。

もし気に入っていただけたらツイッターなどでぜひぜひシェアをお願いします。更新の励みになります。